協定自治体の紹介

秋田県:仙北市

全国一覧へもどる

更新日:2022年01月27日

仙北市(センボクシ)

仙北市の登録事業者一覧

役所所在地 〒014-0392
仙北市角館町中菅沢81番地8
みなとモデル担当部署 農林商工部・農林整備課
 - 電話番号 0187432207
 - FAX番号 0187544777
ホームページ https://www.city.semboku.ak...
自治体面積 109356 ha
人口 25084 人

Chief_photo__画像_仙北市長_田口知明

首長:田口 知明 (タグチ トモアキ)

林業・木材産業データ

森林面積 91487 ha
森林率 83 %
主要樹種 スギ
林業・木材産業従事者数 219 人
林業・木材産業事業者数 48
木材利用方針
森林認証:1
森林認証:2

Forest_photo_仙北市_森林写真

林業・木材産業のPR

 秋田県仙北市は、県の東部中央に位置し、岩手県と隣接している地域で、中央に水深日本一を誇る田沢湖があり、東に高山植物が豊富な秋田駒ヶ岳、南は仙北平野へと開けている自然豊かなまちです。
 市の総面積109,356haのうち約83%を森林が占めており、そのうち、スギを主体とした人工林の面積は13,704haとなっており、現在まで適正に森林整備が行われてきました。森林施業については、収益性の高い林業経営を目指して、施業の集約化を進めるなど良質材の育成、生産を推進します。また、木材の生産コストの低減、森林の維持、管理費用の軽減を図るため、林道の整備、作業道の整備を進めています。秋田林業大学校での研修を支援し担い手の育成を図りながら、従事者の若返りや新規就業につなげます。
 地元産木材の利活用を拡大する等、供給の安定化や流通体制の確立に努め森林・林業の発展を目指しています。

環境に関する取組み紹介

 市民が森林にふれあう場・癒しの場として自然を体験できるよう、森林浴・野外活動・体験事業・里山保全活動等を推進します。また、森林環境教育や森林健康促進、里山機能学習の観点から、教育委員会、医療機関との連携を図り、森林を活用した触れ合いの場の提供を推進します。森林管理が十分に行われていない山林は、新たな森林管理システムである森林経営管理法に基づき、市が公的に管理していきます。広大な森林を活用した事業創出を支援するとともに、未利用材の木質ペレット化や薪用として活用する等、森林環境整備の促進とクリーンエネルギーの利用拡大を図ります。

観光情報

 近年アウトドアアクティビティの聖地となっている日本一の水深を誇る田沢湖、あこがれの温泉地で3年連続NO.1の乳頭温泉郷や、日本一の湧出量・源泉温度・酸性度を誇る玉川温泉など豊かな温泉資源、伝統的建造物群や伝統的工芸品、ユネスコ世界文化遺産登録のお祭りなどの歴史文化や春の桜の名所としても知られる角館の武家屋敷通りなどの町並みが、観光スポットとして人気です。
 また、市内各地で農家民宿などのグリーンツーリズムが盛んで、冬にはパウダースノーが楽しめるたざわ湖スキー場もあり、修学旅行生やインバウンド客も含め地域との交流や体験を楽しむ観光客の方々も多くいらっしゃいます。

特産品情報

 秋田県仙北市の特産品は、山の恵みを満喫できる郷土料理、農家の知恵と工夫が詰まった素朴な味のほかに、特産の「西明寺栗」、ほうれん草を使った加工品。江戸時代に角館を治めた佐竹北家が食したことから名付けられた「殿さまあゆ」や「御狩場焼」、おいしい水を生かした「地ビール」など、バラエティーに富んでいます。また、国指定伝統的工芸品に指定される「樺細工」や県指定伝統的工芸品に指定される「イタヤ細工」など工芸品も豊富です。