協定自治体の紹介

埼玉県:秩父市

全国一覧へもどる

更新日:2017年02月14日

秩父市(チチブシ)

秩父市の登録事業者一覧

役所所在地 〒368-8686
秩父市熊木町8番15号
みなとモデル担当部署 環境部森づくり課
 - 電話番号 0494222369
 - FAX番号 0494222309
ホームページ http://www.city.chichibu.lg...
自治体面積 57783 ha
人口 64989 人

Chief_photo_市長_そのまま圧縮したもの_

首長:久喜邦康 (クキクニヤス)

林業・木材産業データ

森林面積 50471 ha
森林率 87 %
主要樹種 スギ、ナラ(コナラ、ミズナラ)、ヒノキ、カエデ
林業・木材産業従事者数 152 人
林業・木材産業事業者数 11
木材利用方針 PDFダウンロード
森林認証:1
森林認証:2

Forest_photo_秩父の奥山

林業・木材産業のPR

市では積極的に木材を活用しており、現在建設中の本庁舎・市民会館や秩父斎場も木の温もりあふれる施設となり、秩父材の魅力を伝える新しい拠点として各業界から期待が寄せられています。
近年では、木のおもちゃを誕生祝い品として贈るウッドスタート事業を実施するなど「木育」を推進するとともに、カエデの樹液を活用したお菓子等も開発され、森林の恵みを五感でお楽しみいただけます。

環境に関する取組み紹介

「環境文化都市ちちぶ」を将来都市像に掲げ、環境分野を重要施策に位置付け、未来への責任を果たすべく、環境政策を推進するための課も新たに創設し、様々な取組みを実施しています。特に、木質バイオマス発電については、自治体における初の本格稼働を実現し、現在の木質バイオマス発電ブームの先駆けになれたと自負しています。また、水源地としての環境を守るために、使用済みてんぷら油を回収してのBDF製造も行っています。この際、市民が自主的回収へ協力する体制も整っており、「当市民の環境意識の高さ」を物語る一面であると感じています。さらに当市には、活発に活動を展開する環境団体が多数存在し、他の団体も含め「環境市民会議」を構成し、多くの環境への取組みを会議主体で実施しています。今後は「地球温暖化対策」と「生物多様性」を重要課題と位置づけ、行政資源も投入しながら、効果的な対応を進めたいと考えています。

観光情報

都心から60~80km圏に位置し、池袋から西武鉄道の特急で、約78分で到着する気軽に訪れることのできる別天地です。
伝統産業の「秩父銘仙」や豊富な森林資源を活かした、新しい林業への取り組みなどが注目されています。
また、多様な歴史的・文化的資源にも恵まれ、旧石器~戦国時代の遺跡や古墳群、和銅に関する遺跡、秩父往還、秩父事件、秩父札所巡礼など有名で貴重な歴史・文化遺産も数多くあります。
さらに、龍勢祭りや、秩父夜祭をはじめとした祭りの宝庫で、これらの自然資源、歴史・文化を体感できる「ジオパーク秩父」として学習観光や外国人誘客などおもてなし観光に力を入れています。

観光協会URL: http://www.chichibuji.gr.jp/

特産品情報

秩父には「小昼飯(こぢゅうはん)」といって、農作業の合間など小腹がすいたときに食べる郷土料理がいろいろあります。主に地元の穀物、農産物を食材として各家庭で独特の調理をしたもので、たとえば、じゃがいもを使って簡単にでる「みそポテト」は、今でも秩父のおやつやおつまみの定番です。
また、秩父は、その独特な気候、地形、地質などの様々な理由で、国内にあるカエデの種類のうち、その多くが自生しているところです。近年、秩父で産声を上げたカエデ活用の取り組みは、カエデの樹液、すなわちメープルシロップを生産して地域の新たな特産品となっています。