協定自治体の紹介

福島県:古殿町

全国一覧へもどる

更新日:2017年05月18日

古殿町(フルドノマチ)

古殿町の登録事業者一覧

役所所在地 〒963-8304
石川郡古殿町大字松川字新桑原31番地
みなとモデル担当部署 産業振興課林政係
 - 電話番号 0247534613
 - FAX番号 0247533154
ホームページ http://www.town.furudono.fu...
自治体面積 16329 ha
人口 5329 人

Chief_photo_005s

首長:岡部 光徳 (オカベ ミツノリ)

林業・木材産業データ

森林面積 13509 ha
森林率 83 %
主要樹種 スギ
林業・木材産業従事者数 902 人
林業・木材産業事業者数 9
木材利用方針
森林認証:1 SGEC-FM SGSJP-035
森林認証:2

Forest_photo_ふるどの_町全景_1

林業・木材産業のPR

古殿町は面積の8割を森林が占め、民有林の7割はスギ人工林というスギの産地で、以前より県内はじめ関東地方などへも古殿杉を供給しておりました。平成28年度には町有林において森林認証を取得したところで、これからも労働者の安全と自然環境保全に配慮した森林管理を推進していきます。

古殿杉について品質を調査するため実大破壊試験などを実施したところ、剛性の優れた(機械等級E90以上)木材の出現率が高いということが判明しました。これを古殿杉の強みとし、他産地のスギ材では真似のできない使い方などを生み出していきたいと考えます。

この他、高温式の木材乾燥機と異なり、35度という低温で乾燥させるため木材の強度や色味・香りなどを失わせることのないバイオ乾燥機を町として導入しており、高品質な木材生産を目指しております。

環境に関する取組み紹介

町産材の利用拡大と林業振興により森林整備を推進するため、一定の町産材を利用して住宅を新築、または増築した場合に補助金を交付しています。また、転入者が建築した場合は補助金が加算されます。

この他、薪ストーブやペレットストーブ、太陽光発電システムの設置に対する補助金を交付しています。

観光情報

町を特徴付けるイベントとして、約800年続くといわれる流鏑馬の神事が秋に行われるほか、伝統ある流鏑馬を継承していくため射手を育成する目的で、春には競技としての流鏑馬大会を開催しております。

また、林業を文化的な側面から振興するという目的で、丸太をチェンソーのみで彫刻する「チェンソーアート」の世界チャンプを招いたショーやフリーカービング大会を行うチェンソーアート文化祭を毎秋開催しています。

現在では地元にチェンソーアートの愛好クラブが発足し、練習会をほぼ毎月開くなど、活発な活動が見られます。
この練習会はどなたでも参加できますので、興味のある方は産業振興課までご連絡下さい。

特産品情報

アクツコンニャク(株)のコンニャク、豊国酒造の地酒、マルマン醸造(株)の味噌と醤油などの他、米や山菜に牛といった農畜産物も特産です。