協定自治体の紹介

高知県:馬路村

全国一覧へもどる

更新日:2017年01月31日

馬路村(ウマジムラ)

馬路村の登録事業者一覧

役所所在地 〒781-6201
安芸郡馬路村大字馬路443番地
みなとモデル担当部署 産業建設課
 - 電話番号 0887442336
 - FAX番号 0887442779
ホームページ http://www.vill.umaji.kochi...
自治体面積 16552 ha
人口 979 人

Chief_photo______

首長:上治 堂司 (カミジ タカシ)

林業・木材産業データ

森林面積 15637 ha
森林率 96 %
主要樹種 スギ、ヒノキ
林業・木材産業従事者数 41 人
林業・木材産業事業者数 3
木材利用方針 PDFダウンロード
森林認証:1
森林認証:2

Forest_photo___

林業・木材産業のPR

地球温暖化、CO2の削減等、環境意識が高まる中で、森の役割が見直されています。森は生き物です。しかし、その森に、だんだん、元気がなくなってきました。元気を取り戻すためには、間伐という森の仕事が必要です。そこで、馬路村は、平成11年に「森の仕事まるごと販売計画」を立ち上げ、間伐材を使った商品をくり販売を行って、収益の一部を間伐作業に還元する仕組みをつくりました。事業の中心は、株式会社エコアス馬路村です。間伐材でつくったmonaccaの木のバッグは、海外の展示会で高い評価を獲得。ほかにも、天然木でつくったテーブルなどの販売もしています。杣人の魂が宿る馬路村。次世代に向けた永遠の森づくりと循環型の林業への挑戦は続きます。

環境に関する取組み紹介

馬路村では、株式会社損害保険ジャパン、電源開発株式会社と「環境先進企業との協働の森づくり事業」を進めています。この事業は、協定事業者からの協賛金により間伐や作業道の開設等を行い、森林整備を促進することで森林の持つ水土保全機能及びCO2の吸収固定機能の向上を図ることを目的としています。毎年行われる協定事業者との交流イベントでは、間伐体験や植樹活動を行うことにより、森林環境に対する意識を高めていただいています。また、村内の主要な道路のガードレールや温泉施設の外壁を木質化するなど、目に見える環境対策にも取り組んでいます。

観光情報

馬路村では、子どもの頃から、遊び場は山と川。そんな訳で、自然を楽しむ達人がたくさんいます。まずは、山歩き。山の案内人が、魚梁瀬の山々をガイドします。木の温もりに触れるなら、曲げわっぱづくりはいかがですか。森林鉄道やインクラインに乗ることもできます。外で遊んで疲れを癒やすには温泉が一番。馬路地区と魚梁瀬地区に2つの温泉があります。人気のイベントにも参加してみませんか。「馬路おしどりマラソン大会」(9月)、お山の運動会「山師達人選手権大会」(11月)、最近では、「魚梁瀬地区運動会」(10月)にも、大勢の馬路村ファンが参戦しています。馬路村交流大作戦、ただいま開催中。

観光協会URL: http://www.umaj.gr.jp/

特産品情報

馬路村の特産品といえば、ゆず。今では、柚子ブランドとして全国的にも有名になりました。このゆずを使った加工品は、ポン酢しょうゆ「ゆずの村」や、ゆずドリンク「ゆずごっくん馬路村」といった食料品に留まらず、最近では、「ゆず化粧品」まで販売されています。もう1つの特産品である、高知県の県木にも指定さている魚梁瀬杉。馬路村の永遠の森から生まれた「テーブル」や「万年筆」、さらには、「ベッド」や「骨壺」まで開発されています。また、間伐材でつくった木のバッグ「monacca」や森の香りを届ける「木のうちわ」も、最近のエコ意識の高まりから注目を集めています。