協定自治体の紹介

岩手県:葛巻町

全国一覧へもどる

更新日:2017年02月03日

葛巻町(クズマキマチ)

葛巻町の登録事業者一覧

役所所在地 〒028-5495
岩手県岩手郡葛巻町葛薪第16地割1番地1
みなとモデル担当部署 農林環境エネルギー課林政振興室林政係
 - 電話番号 0195662111
 - FAX番号 0195664329
ホームページ http://www.town.kuzumaki.iw...
自治体面積 43499 ha
人口 7259 人

Chief_photo_________

首長:鈴木 重男 (スズキ シゲオ)

林業・木材産業データ

森林面積 37054 ha
森林率 85 %
主要樹種 カラマツ
林業・木材産業従事者数 156 人
林業・木材産業事業者数 24
木材利用方針 PDFダウンロード
森林認証:1
森林認証:2

Forest_photo_____

林業・木材産業のPR

葛巻町は、町の面積43,499ha、その85%を森林が占め、周囲を1,000m級の山々に囲まれた緑豊かな高原の町です。緑豊かな森林は、国土保全、水源かん養、二酸化炭素吸収など多面的な機能を有しており、その先人から受け継いだ我々の貴重な財産である森林を守り育てていくため、「葛巻町ふるさとづくり基金」を創設し、持続可能な循環型林業の構築に取り組んでいます。
また、企業の森づくり活動や子供林業体験等を通じて、日常生活に森林資源を生かす工夫や、森林とのふれあいの機会の拡大に取り組んでおります。
平成23年6月には、「岩手くずまき高原カラマツ認証協議会」を立ち上げ、葛巻産カラマツのブランド化と流通拡大、利用促進に取り組むとともに、認証制度による林業のトレーサビリティを確立し、安全安心な木材供給体制の構築に努めています。

環境に関する取組み紹介

葛巻町では、平成16年に「葛巻町省エネルギービジョン」を策定し、その理念である、自然の光や風などの「天のめぐみ」、身近な森林や川などの「地のめぐみ」、郷土を愛する「人のめぐみ」を育みながら、住民一人ひとりが省エネルギーを進めるとともに、二酸化炭素排出削減や資源枯渇への対策など、私たちが住む地球と豊かな自然を守る取り組みに力をいれております。
町の資源を最大限活用した地域循環型によるエネルギー政策においては、森林資源の利活用を推進するため、「新エネルギー等導入事業」によりペレット・薪ストーブ等の木質バイオマス熱利用設備の普及促進に取り組んでいます。
また、葛巻町植樹祭やトリプル薪フェスタ等のイベントを通じて、緑豊かな森林の多面的機能に対しての理解を深めるとともに、森林資源・地球環境の保全に努めています。

観光情報

葛巻町は、四季の美しい自然と人々の笑顔が集う、東北一の酪農郷。
くずまき高原牧場ではホルスタインがのんびりと草をはみ、自然の恵みをたっぷりと受けた乳製品が次々と生み出され、同時に、様々な牧場体験ができます。
日本最大級の白樺美林で知られる平庭高原は、特産の山ぶどうを使った「くずまきワイン」の生産拠点でもあります。
袖山高原と上外川高原では大型の風力発電機が、高原の風を受け発電しており、新世紀のクリーンエネルギー開発が着実に進められています。
自然を守り、自然を生かす。
あなたも、「ミルクとワインとクリーンエネルギーの町くずまき」でホンモノの自然を体験してみませんか?

観光協会URL:

特産品情報

葛巻町は、乳牛頭数約1万頭、生乳生産量約100t/日にものぼる東北一の酪農郷であり、豊かな自然の恵みをたっぷりと受けた牛乳はもちろん、チーズ、プリン、ヨーグルト、アイスクリーム等の乳製品も幅広く作られています。
また、豊かな自然の中で、丹精込めて造られた「くずまきワイン」は、今日では国産ワインコンクールでも多数受賞するなど、より品質の高い確かなワイン造りを目指しております。
そのほか、葛巻町には、まだまだ自然の恵みをたっぷり受けた特産品がたくさんありますので、是非ともお楽しみください。