協定自治体の紹介

奈良県:東吉野村

全国一覧へもどる

更新日:2012年09月28日

東吉野村(ヒガシヨシノムラ)

東吉野村の登録事業者一覧

役所所在地 〒633-2492
吉野郡東吉野村大字小川99番地
みなとモデル担当部署 地域振興課
 - 電話番号 0746420441
 - FAX番号 0746420446
ホームページ http://www.vill.higashiyosh...
自治体面積 13160 ha
人口 2249 人

Chief_photo_____

首長:水本 実 (ミズモト ミノル)

林業・木材産業データ

森林面積 12569 ha
森林率 96 %
主要樹種 スギ、ヒノキ
林業・木材産業従事者数 114 人
林業・木材産業事業者数 33
木材利用方針 PDFダウンロード
森林認証:1
森林認証:2

Forest_photo_____3

林業・木材産業のPR

 村の96%を占める山林は、村人が古くから人工造林を行い、入念な手入れによって育て上げてられてきました。
 また、山林がほとんどを占める本村では、毎年安定した生産を行うため生み出された密植栽培と、70~80年といった長い年月を待たず、その間に何回もの間伐を行い、最終の伐採には良材を仕立てるという集約林業が進められ、吉野林業の中心地として栄えてきました。
 本村は、土地が肥えていて、雨量も多く、気候が温暖ということから、林業は昔から村の主産業として発展し、吉野材の良材を生産し役割を果たしてまいりました。

環境に関する取組み紹介

 東吉野村では、平成19年度に「東吉野村地域エネルギービジョン」を策定し、森林、渓流などの恵まれた地域資源の活用による環境に配慮した安全で安心な新エネルギー導入の基本的方向を示しました。
 そして、この中で重点テーマのひとつに位置づけた「木質バイオマス資源の有効活用」について、新エネルギーの利用を支援することを目的に、薪を燃料としたストーブの購入等費用について一部補助しています。
 また、「環境にやさしい村」づくりとして、住宅用太陽光発電システムの設置に要する費用についても一部補助しています。

観光情報

 東吉野村は、奈良県の東部で三重県の県境に位置し、人口が約2,000人の人情豊かな山村です。
 明治維新の5年前、「天誅組の変」で尊王攘夷派の多くの志士が東吉野村で若い命を散らせ、事実上壊滅したゆえをもって、「天誅組終焉の地」といわれています。
 さらに、明治38年1月、ニホンオオカミが本村で捕獲され、日本最後のニホンオオカミとして等身大のブロンズ像がその面影を伝えています。
 平成20年には、環境省による「平成の名水百選」に大又渓谷にそそぐ「七滝八壺」が選定されました。東吉野村の山々や清流は、四季折々、すばらしい姿を見せてくれます。

観光協会URL: http://higashiyoshino.com/

特産品情報

○朴の葉ずし
 塩でしめた鯖と寿司を朴の葉で包んだ押し寿司は東吉野村ならではの逸品。朴の葉独自の香りが食欲を募らせる絶妙の風味。
○八徳みそ
 山の香りを詰め込んだ手作り熟成の味わいが評判。米こうじと麦こうじの2種類の味噌をご用意。
○手延(そうめん・たあめん等)
 良質の水と冬の冷気を生かした麺類も人気。少し太めの麺もあり、いずれもコシの強さと素朴な風味で好評。
○箸・木製品
 村内は杉や檜の小口の余材を利用した杉箸や高級品の檜箸づくりが盛ん。また、まな板などの木の香漂う木製品も多彩。