協定自治体の紹介

愛媛県:西予市

全国一覧へもどる

更新日:2017年06月02日

西予市(セイヨシ)

西予市の登録事業者一覧

役所所在地 〒797-8501
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
みなとモデル担当部署 産業建設部 林業課
 - 電話番号 0894626493
 - FAX番号 0894626532
ホームページ http://www.city.seiyo.ehime.jp
自治体面積 51479 ha
人口 42494 人

Chief_photo_管家一夫_市長_

首長:管家 一夫 (カンケ カズオ)

林業・木材産業データ

森林面積 38571 ha
森林率 75 %
主要樹種 スギ、ヒノキ
林業・木材産業従事者数 201 人
林業・木材産業事業者数 31
木材利用方針 PDFダウンロード
森林認証:1
森林認証:2

Forest_photo_______

林業・木材産業のPR

 西予市は、海抜0メートルから1400メートルの地理的に恵まれており、総面積は51,479haと県下でも広大な土地を有しています。そのうち山林面積が38,571haを占めており、中でもスギ・ヒノキの人口林率が高く、67%を占めています。また、木材生産が可能な8令級以上の森林が87%を占め、安定的な出荷が出来るように資源は充実しています。
 生産体制としては、平成23年度に市が創設した林業活性化センターが主となり西予市森林組合及び第三セクターの(株)エフシーと協働して、山林の団地化を推進して適正な施業計画のもと、路網整備、高性能機械の導入等の基盤整備により、施業の低コスト化、木材の安定供給を図っています。
 また、ヒノキの素材生産量、全国1位(平成22年度木材統計)である本県の一角を担えるよう、色、つやがよく、年輪幅が狭く、節が少ない「宇和桧」のブランド化を図っています。

環境に関する取組み紹介

 西予市では、平成22年3月に公表されたバイオマスタウン構想で「循環型まちづくり」を推進しています。その中で未利用の間伐材・林地残材や製材端材から木質ペレットを製造し、森林資源の有効利用を図り、公共建築物等に木質ペレットボイラーやストーブを設置し木質ペレットを使用することにより二酸化炭素削減に貢献しています。

観光情報

 西予市は、愛媛県の南部・南予地方の中心に位置します。松山ICから西予宇和ICまで車で約1時間、JR予讃線も走り、交通の便もよく南予の広域交流拠点としての位置付けが高まりつつあります。また、当市は515平方キロメートルの広大な面積を有しており、西側は宇和海に面し、太古の地質が露出した須崎海岸、海水浴の楽しめる大早津海岸などの「海」、重要伝統的建造物群保存地区である卯之町の町並みのある「里」、日本三大カルストの一つ四国カルスト大野ヶ原などの「山」のエリアで構成され、海から山まで標高差1,400メートルの変化に富んだ景色・自然を楽しんでいただけます。

観光協会URL: http://www.seiyo1400.jp/

特産品情報

 海エリアでは宇和海の天然のアジをはじめ、養殖のハマチやヒラメ、ちりめんの産地として豊富な海の幸が揃っており、また、海側の温暖な気候を活かし、みかんの産地としてジュースや加工品も生産しています。里エリアでは山間盆地特有の気候が、粘りと甘みのある宇和米や風味豊かな香りのお茶をはぐくみ、また、イチゴやブドウなどの果物やキュウリなどの野菜も生産しています。山エリアでは四国有数の酪農地帯であるため、無添加の乳製品を加工し、また、地豚を使ったハムやソーセージ、そして栗・ユズなどを生産しています。このように、西予市の特徴である「海・里・山」の特色を活かした様々な特産品があります。